スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英語学習に・・発音なんて・・い、いらないんだからね!」

今回は発音!

せっかくめっちゃ綺麗な発音で60回以上もミカエラさんの動画で勉強してきたので利用しない手はないですよね!




「は・・発音なんて・・い、いらないんだからね!」




「・・・・・・」





コンセプト

1 ミカエラさんの動画で勉強
楽しい動画で楽しみながら飽きずに発音勉強♪



2 簡単なフレーズばっかり
一番発音する機会が多いので、逆に言えばこれさえマスターしてしまえば発音はたぶん完璧 笑



3 反復練習
ミカエラさんの動画にはよく使う単語が繰り返し出てくるので知らず知らずのうちに反復練習♪

4 初心者向け
このブログはゆるーい人向けです♪(簡単なものしか扱いませんw)
ゆるーい雰囲気が嫌いな方は遠いところからの閲覧をお願いしますw


オススメな方
1 「は・・発音なんて・・い、いらないんだからね!」
発音の勉強したいけどちょっとツンデレな方

2 発音全く知らないけど一度、全体的な知識を学んでみたい方♪
全部簡単な単語ばっかり♪




オススメではない方
1 いろいろな理由から発音いらないと思っている方
*遠いところからの閲覧をお願いしますw



日本で発音を勉強して、ちょっと恥ずかしい思いをして、発音に対してツンデレになってしまったけど心のなかでは「発音良くしたいな〜」という思いを持っている方に「発音ってこうなってるんだよー♪」という感じの記事です 笑


今回2本のミカエラさんの動画を参考にさせていただきました!


こちらと
Jobs in Japan for Students?



こちらです
Why Fukuoka? 何故福岡?

(*詳しくは記事の最後にこの2本の動画&スクリプト(+発音チェックシート)をつけてますのでそちらを御覧ください♪)
(*結構ボリュームあるかもしれませんので休み休み読むことをお願いします)


目次







1 日本語で言うところの「あ」の発音

いきなりラスボスのような難しさですね 笑
「あ」の分類は人によりけりで3とか4とか5とか色々ですが区分の違いだと思います
僕は4派です!
(わからないときは動画にいっぱい「あ」の発音は出てくるので色々音を作って適当に勘で近づけて、音合せしてみるのもありだと思います♪ 5,6種類音を作ればどれかに当てはまると思います♪)



 1.1 [ə]

たぶん1日でできる発音だと思います
おなかいたい時とか疲れた時に言ってると思います 笑

頻度はメチャクチャ高いです

重要なのは音を伸ばすとき(発音記号は[ə:r])[r]の発音入れるのかどうかということです
詳しくは「rの法則」で述べます♪

例はこちら
Jobs In Japan for Students
・my back hurts so much
・yesterday
・Japan
・what kind of person
・work
・Can you speak Japanese
・for the first three months
・over
・understand





  1.2 [ʌ́]

この音は一番日本語の「あ」に近いと思います

でもちょっとだけ違います・・・
発音の仕方は
財布忘れた時に「あっ!」と思い出すときに発する「あ」です
僕はかってに「脱力系のあ」と読んでますw

ちょっと慣れるまで難しいかもしれませんが一応日本人も発音している「あ」なのでそこまで難しくないかもしれません・・・

例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・my back hurts so much
・someone
other
・Teaching English in the company is great
・But





  1.3 [ɑ]

この発音は[ɑːr]か[ɑ]で区別したほうがいいと思います


アメリカではこの発音はよく使われるのでマスター必須です!
コツは顎を下に最大限下げることです(縦長に口を開ける感覚です♪)


例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・jobs
・what kind of person you are
Are you someone
・hard working
・Let’s go to the park!





  1.4 [ǽ]

日本人が最も苦手としている発音だと思います
代表的なのでは
sing sang sung
swim swam swum


オススメはhandです!
handはとても発音しやすいのでこの単語で練習することをオススメします♪
他の単語だと少し[ǽ]を発音するのが難しく感じると思います
can[kǽn]≒[キャン]
iPad≒[アイパッド!]
iPad≠[アイピャッド!]
などなど前の子音によって日本人には全く違う母音に聞こえてしまうので要注意です
なのでその影響がすくない[hand]を僕は練習にお勧めします♪(handはミカエラさんの動画のどの回に出てきたか忘れました・・すいません・・)

例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・my back hurts so much
・video about jobs in Japan
・Can you speak Japanese
・you have any other skills






2 ou とθɔ́ːtの違い

しっかり[ou]と止めて言うのか[ɔ́ː]と伸ばすのかが最初のステップです

厳密に言えば[ɔ́ː]は日本語の「おー」とは違います
「お」のような「あ」のような入り混じった音になります
日本の「お」より口を大きく開いた音になると思います
日本の「お」→口が丸になる
英語の[ɔ́ː]→口の奥らへんを縦長方形っぽい感じに開ける(とりあえず最初のうちは無理やり開けてください♪)
(どんな感じかは音合せしながら調節してください♪)


できないときはせめて「おう」か「おー」をしっかり区別させてください
とりあえずできないときは後で戻ってくることにして先に進みましょう♪



例はこちら
Why Fukuoka? 何故福岡?
・both the traditional side of
・because
・people who don’t






3 soft「t」

[t]の発音の仕方はイギリス派かアメリカ派かで全然違います
soft「t」はアメリカ派です (便宜上アメリカ派という呼び方をしています。その発音は「アメリカのものじゃないよ」とおっしゃる方がいましたらごめんなさいm(__)m)
イギリスでは[t]は強く発音されますがアメリカでは[t]はある条件下で聞いたこともないような音で発音されます
*ミカエラさんはカナダです。soft「t」で発音しています。



コツは普通の[t]の発音の舌の位置を10時の方向とした時(歯の裏側の少し上の部分)、soft「t」は舌の位置を12時の方向から10時の方向に動かしながら発音することです!
(はい、意味わかりません 笑)

soft「t」は舌を上に軽くくっつけて移動させるイメージで発音します

とりあえず無理から「かる〜く」移動させながら[t]の発音をしてみてください
たぶんなんとなく分かると思います
雰囲気は簡単につかめると思います♪

例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・what’s even better
・at all






4 音をつなぐ(リンクorリエゾン)

「ネイティブみたいにカッコよく音をつなぐにはどうすればいいの??」というコーナーです!
(よくリンクとかリエゾンとか言われてる類のものです)
Ex. on itとかput it on

音をつなぐというのは英語の子音を一つ一つ練習する
のであって、
「put it onはつなげて読む」みたいな知識を増やすことではありません
(もちろん例外はありますがほとんど知識は不要です)

逆に言えば一つ一つの子音を正しく発音できていれば「音はかってにつながっていきます」

音がつながるようになるには別項の「15 音の消失」も参考にしてください♪


あくまで「子音!子音!子音!子音!!!!」です 笑







5 日本語の「ん?」m、 n

実は日本語の「ん」というのは無いんですよ!
残念ですよね・・・僕達の「ん」がないなんて・・・

代わりに[m]か[n]が用いられますが「ん」ではありません

[m]・・・唇をしっかり閉じた状態で発音されます
簡単なので口の動き見たい方はインターネットで検索したら出てくると思います
(もしグロい画像出てきたら恐いので僕は検索したことが無いですw)

問題なのは[n]の発音です 実は「ん」ではないんです
しかもこの[n]はあっちこっちで使われて[m]よりもはるかに頻度が高いです
なぜかと言いますと[on]という単語があるからです 笑

実は[on]は「おん!」じゃないんですよ ショックですよね・・・「ん」じゃないなんて・・・
一度動画で確認してみてください「おん」じゃないですよ♪
少し違和感を感じると思います
ちなみにアクセントのせいではありません・・・完全に発音の違いです

[n]・・・舌を口の上のやや11時の方向に置いて発音します
[n]発音に難しさはありません。
この発音に気づくか気づかないかの違いです♪

この発音ができるようになれば決定的に日本人との発音とGood-byできます♪


例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・video about jobs in Japan
・One of the questions
・Are you someone
・that depends on you
・The problem






6 どっち? R or L?

rかlかどっちかわからない!!
→たくさんあるミカエラさんの動画見てひたすら慣れましょう 笑

うまく発音できない→ひたすら練習あるのみ!
・rは舌をくっつけずに発音
・lは舌を歯の裏にくっつけて発音

rはタコの口をしながら言えばいいというのは有名ですよね!
lは若干上を向きながら発音すれば発音しやすいです


特にrとlが交互に発音しないといけない単語は難しいです
そういう時はrの発音の時は顔を下に向けて、lの発音の時は顔を上に向けて、頭を下から上に動かしながら言うと言いやすいと思います 笑
(気持ちの問題かもしれませんが一度やってみてください 笑 なかなか楽しいですw)

正直練習あるのみです!

ですがRの練習方法はいっぱいあるのですがLの発音方法があまりないかもしれないのでご紹介します♪
①基本通り、舌を歯の裏側にくっつけて発音
②舌を歯の裏側にくっつけないでLの発音

「えっ??②??」
音というのは口の作り始めにも音というのが形成されます
Lは実は歯の裏にくっつけなくてもLの音は出せます
(*くっつけたほうがもちろんはっきり音が出せます)

RとLは舌をくっつけるかくっつけないかというのが主流のようですが実は発音するときの舌の軌道が全然違います
なのでLの練習するときは舌の軌道が最も大切です♪
なので②の練習もオススメします♪

例はこちら
Jobs In Japan for Students?

・is willing to
language school
latest
・when you are creative
・Teaching English in the company is great






7 rの法則

soft「t」の項目で述べたように「r」にもアメリカ派かイギリス派があります
(便宜上アメリカ派という呼び方をしています。その発音は「アメリカのものじゃないよ」とおっしゃる方がいましたらごめんなさいm(__)m)
例えばwork, army などの発音に[r]を入れるのかということです
「r」を入れるのがアメリカ派、入れないのがイギリス派です!
(ミカエラさんは[r]を入れています)


やり方はとても簡単で発音の最後に下を内側に巻き込むだけです
動画見ればすぐに分かると思います

この発音は伸ばす音の最後にだけ入ります
(カタカナ的に言えばhard=「ハーーrドゥ」)
例えば
work [wə:rk]
army[ɑːrmi]
hard[hɑːrd]
apartment[apɑːrtment]
source [sɔ́ːrs]

パターンは綴りにrが入っていて[ə:][ɑː][ɔ́ː]の時に[r]が入ります

でも、

source[sɔ́ːrs] (情報)ソース  
sauce[sɔ́ːs] (食べ物)ソース
この2つの発音は違います

(食べ物)ソースは綴りにrが入っていないのでrの発音を入れません

重要なことは[ə:][ɑː][ɔ́ː]の音を区別することがとても重要です


例はこちら
Jobs In Japan for Students?

・my back hurts so much
・what kind of person you are
・for the first three months
・we were
・Let’s go to the park!






8 若干弱い日本人の「p」の発音

日本人の「p」の発音はとても弱いです
もっと破裂させるような音を出せばキレイに発音できると思います♪

まとめますと「p」だけではなく全部の子音が「弱い」ということです

コツは「カァァーッ、ペッ!!」っとつばを吐くときの「p」の音が正しい「p」の音です 笑

せーのっ!「カァァーッ、ペッ!!」 

(これと同様にb,k,q,w,…などの子音もキレイに発音できるように「ペッ!!」と吐き出すように練習すれば同様の効果があると思います♪)

例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・what kind of person you are
・Can you speak Japanese?
・that depends on you






9 ちょっとちがう「sh」の発音

「sh」([ʃí])は「シ」で「see」が「スィー」と習ったかもしれませんが少し違います
「sh」はボクサーがシャドーイングしてるときの「シッ、シュッ、シュシッ、シッ、」と言ってる音です

メチャクチャ音のキレいいですよね 笑

ボクサーになったつもりで言ってみれば一発でマスター出来ます 笑

ついでに[tʃ](ex. check), [g](ex. green), [dƷ](ex. Germany)も似たような感じで練習しておけば、一石四鳥です 笑
(gはボディブローを食らった時の音ですw)


例はこちら
Why Fukuoka? 何故福岡?
shocked
・watching them discover Japan
・both the traditional side of
・relaxing beaches
・may not be tourist attractions






10 みんな大好きピーポー「people」[ple]の発音
俗に言う「ピーポー」ですよね!
「ple」の発音記号は[pɔ́ː]ではなく[pl]です
また
「able」の発音記号も[eibɔ́ː]ではなく[bl]です

残念ながら僕達の大好きな「ピーポー」ではありませんでした・・・ショックですよね・・・

この発音は[p]と[l]を順番に発音するだけです!

「えっ!?なんか違う音がするんですけど・・「プル」ってなるけど・・・」
それは前項で解説した「若干弱い日本人の「p」の発音」と「l」の発音ができていないからです
これは子音と子音のみの音なので母音が入れば「ピープル」になってしまいます
そして練習の過程で「l」の発音がはるかに上達するというおまけ付きです 笑

一回聴き比べて見ることをオススメします

これをマスターすれば
「アポーapple」「ピーポーpeople」からGood-byです!


例はこちら
Why Fukuoka? 何故福岡?
・people who don’t
・just felt more comfortable here
・They were able to






11 誰でもできるよ! 「v 」と「f」

発音の仕方は周知の事実だと思います

「v」 下唇を噛んで音をだす 
「f」 下唇を噛んで息を出す

発音の仕方は10分もかからず理解できると思います 
ですがやらない人がかなり多いと思います・・・

練習方法はそれぞれできるだけ長い間唇を震わせてください
最初のうちは途切れ途切れであまり長い間震わせることができませんが練習すれば少ない息でより長い間唇を震わせることができるようになります

ついでに頭も左右に小刻みに震わせるとなかなか飽きずに楽しめると思います 笑


例はこちら
Jobs In Japan for Students?
video about jobs in Japan
・One of the questions
・you have any other skills
for the first three months






12 「ふ」は「f」or「h」

これまた残念なお知らせです・・・日本語の「ふ」が英語にはありません・・・

「ふ」は「f」か「h」の発音のどちらになります
逆に言えば「ふ」は「f」と「h」の中間にあたります

「f」 唇を噛んで震わせる
「h」 窓を拭くときに「はぁー」と出すあの音です(口の形はタコかアヒル口になっていると思います)

どちらも日常で知らず知らずのうちに発音してるかと思いますw


例文はこちら
Why Fukuoka? 何故福岡?
・just felt more comfortable here
・I have no plans





13 「w」の発音には気をつけて!
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを

・・・と日本語では発音するかもしれませんが
わいうえを→wa, wi, wu, we, woであり、
wa, i, u, e, oではありません
ただwi,we,woは発音できる方がほとんどなので問題ありませんが[wu]の音だけは気をつけないと[u]になってしまうので注意が必要です
しっかり口の周りを動かせていればOKだと思います!


もっと難しいのは
やいゆえよ→ya,yi,yu,ye,yoですね
ほとんど日本語でも使われないですし、練習あるのみとしか言いようがありません

例文はこちら
Why Fukuoka? 何故福岡?
・the last 4 years
would rather





14 the→「ザ」!? these→「ディーズ?ジーズ?」

つまり「th」の発音ですね 笑
言いにくいからという理由で遠ざかっている人が多いと思いますが逆です
できるようになるとものすごく文が読みやすくなります♪

できないとtheseは「ディーズ?ジーズ?」のどちらで発音したらいいかという問題が起きます

「th」 歯と歯の間に舌を挟んで音を震わせるのが[ð]、震わせないのが[θ]です

やり方は知っているのは知っていると思います

練習は「f」「v」と同じでできるだけ長い間音を震わせることに挑戦してください
(リコーダーと同じですねw)

その過程で舌の位置が正しくないと汚い音が出たり、とぎれとぎれになったりします
(これもリコーダーと同じですねw)

これとは別に「the」の発音の練習もオススメします
「the」は非常に頻度が高いので実践を想定して練習したほうがいいと思います

練習方法は舌を歯と歯の間に挟んで「the」の音を鳴らしたらすかさず舌をもとの位置に戻してください

これだけです 笑

感覚的にはマリオテニスの「打ったら戻る、真ん中へ!」のイメージです
マリオテニス:ボールを打つ→コートの真ん中に戻る→打つ→真ん中へ
「the」   :発音→舌を引っ込めてもとに戻す→発音→戻す


theを打つ、戻る、theを打つ、戻る、・・・以上で完璧です! 笑


例文はこちら
Jobs In Japan for Students?
・One of the questions
・you have any other skills
they speak Japanese
・for the first three months






15 音の消失

これは最後の子音を消せば「ネイティブのように聞こえる」という説明ではありません
英語の発音で重要なのは母音ではなく、「子音」です
その子音を使いこなすための基礎トレーニングみたいなものです♪

「get」の例を使ってネイティブの「t」の使い方を4段階に分けると
①「t」の音を完全に鳴らす
②「t」の音は鳴るがその後舌を「t」の形で2,3秒キープ
③「t」の音はなっていないが口の中では舌は「t」の形
④「t」の音が完全に消失
(*番号が大きくなるほどネイティブのスピードが速くなります(2は除く))
一番重要な子音の使い方は②、③番です
②、③番を理解すれば④番も自ずと理解することができると思います

ネイティブはたいてい④番で発音されてると思うかもしれませんが実際は②、③番がかなり多く占めます

③番の方法は簡単です
「get」の最後の子音である「t」の音を鳴らさずに舌の形だけ「t」の形にしてください
簡単ですね♪
(コツは「t」の音をだす0.0001秒前で鳴らすのを止めようとすることです♪)
(*このとき「t」の音は鳴らして、鳴らした後に「t」の舌の形を口の中で長時間維持する②の練習も同時に行うこともオススメします)


これを使うメリットは
次に単語の音をスムーズにつなぐことが出来るようになります
ネイティブと言えどもいつも超ハイスピーでしゃべっているわけではありません
「get」の目的語を考えるときに少しかたまることはあります
なので②番を習得すれば
「get」の次にどの単語を言おうか一瞬詰まっても口の中は「t」の形の寸止め状態になっているのでスムーズに音をつなげることができます

これらの知識は子音と母音をつなぐ上で非常に重要な知識です
これらをマスターすれば
on it→オニット
get a→ゲッタ
put it on→プリットォン

と無駄に覚えてきた知識から完全にGood-byできます♪

例はこちら
Jobs In Japan for Students?
・I don’t know  
・I would look at
・to get into these other jobs
・working at these places
・you want bad enough





今回は以上です!
まとめますと
・パンでも食べながら知識をさらっと入れるw
・練習!
・ボクサーになった気分でやっぱり「sh」の練習!
・わからないところはわからないと覚えておく!
・頭を揺らしながらふざけながら「v」の発音の練習!
・テレビのCMの間にちょっと練習!
・「n」の練習も大事!
・最後に泣きの練習!

練習大事ということですねw(たまにはふざけてみるのもいいかもしれませんw)
でも実は実戦用に知っておくべき知識はまだまだあります・・・
(量が多すぎるといけないのでそういうのは削りました)
でもこれだけ知っていれば後は自分でミカエラさんの動画見ながら勉強できるようになると思います♪
これが出来れば完全に日本人の発音とはGood byeできると思います!

もし、この記事に人気があれば実践編というのを書きたいと思いますが・・・あんまり需要無さそうなので今回で打ち切りということで 笑
(あと・・もし誤植とかあればごめんなさい・・・)





「は・・発音なんて・・い、いらないんだからね! ぜ、絶対やらないんだから!」







最後に・・・
スクリプト付きミカエラさんの動画とそのスクリプトの間違えそうなところに色をつけてます♪
一度参考にしてみてください♪



Jobs in Japan for Students?





Ahh…My name is Micaela and my back hurts so much from doing this yesterday.
Anyway so, today I want to make a video about jobs in Japan.
One of the questions I get asked the most frequently is “Will I find a job in Japan?” I don’t know.
I don’t know.
I don’t know your situation. I don’t know what kind of person you are.
Are you someone who is willing to work a job that you don’t like for the sake of supporting yourself?
Are you someone who is driven and hard working and you know clean-cut and presentable?
Are you resourceful? Are you able to find ways of making money on your own?
Can you speak Japanese? Do you have any other skills that you can utilize?
Is it possible to find a job in Japan?
Absolutely yes. There are plenty of job opportunities for people regardless of whether or not they speak Japanese.
Can you in particular find a job?
Well..ultimately that depends on you.
When I went to a Japanese language school, we had a rule that for the first three months we were not allowed to work.
So during those three months there was no way for me to legally work in Japan.
But there was that I had always done as a hobby.
I would go to specialist uh.. hobby, collector shops and I would look at things that were exclusive to Japan, I would look at video games, the newest POCKEMON release or Kingdom Hearts Final Mix or I would look at Blythe dolls and ?? dolls, I would look at figures and the latest モーニング娘。or girl band goods.
For the first three months of Japanese language school, I was collecting collector goods and selling them over e-bay.
I’m not saying this is something you should do, but I’m saying that when you are creative and you’re resourceful, you can find ways to make money no matter what.
The second job that I had that I’d always kind of had on and off is teaching English.
Although most people might disagree English teaching is the entry-level job for western people in Japan.
The pay differs depending on things like your experience, your presentability, your likability, your qualifications and obviously about company itself in what their policies are.
Teaching English in the company is great but what’s even better is if you can manage to teach privately.
I made a video a long time ago about the class that I teach privately.
The good thing about this is that it’s 4 times a month once a week and that money comes to me directly.
I also do small jobs like voice narration for English tests.
“Let’s go to the park!”
“Where are they going?”
A: the pool B: the library C: the park
Once you’ve built up a reputation, people know you are it’s easier to get into these other jobs such as a voice narration or hosting event’s MCing or even modeling for magazines.
If you can speak conversational Japanese then you should have no problem working in places like ミスタードーナツ and Mcdonald’s and I’ve seen tons of foreign people working at these places.
The problem is that the money is quite low.
Bottom-line, bottom line, what I’m trying to say here is “Can you find a job in Japan?”
Absolutely I think that it is possible, it is possible for you to make money in Japan, will you? That is up to you.
And you know it’s scary moving to a completely different culture where people might not understand you at all.
But if you have the bolds to move to the other side of the world then you’re probably capable of taking care of yourself and staying here is something that you want bad enough, you will make it work.
My back still hurts.
So I’m probably just going to lie down and wait to die.
So that’s it.
Talk to you soon, talk to you soon.
Bye.



よく間違えそうなところ



my back hurts so much from→(5), (1.4),(12),(1.1&7),(2) ,(1.2),(9) ,(12),(7),(5)
doing this yesterday→ (9),(14),(13),(1.1)

video about jobs in Japan→(11),(2),(1.1),(8),(1.3),(5),(1.1),(1.4)
One of the questions→(1.2),(5),(11),(14),(8),(9),(1.1),(5)
I don’t know→(2),(5),(15)
what kind of person you are→(3),(5),(12),(8),(1.1&7),(1.3&7)
Are you someone→(1.3&7),(1.2),(5),(13&1.2),(5)
is willing to work a job→(13),(6),(1.1&7),(1.3)
and hard working and→(5),(1.3&7),(1.1&7),(9)
Can you speak Japanese?→(1.4),(5),(8),(8)
you have any other skills→(11),(14),(6)
they speak Japanese→(14),(8),(1.1),(8),(1.1)
that depends on you(14),(8),(5),(5),(13)

When I went to a Japanese language school(5),(1.1),(1.1),(6),(6)

for the first three months→(11),(2),(14),(1.1),(14),(6),(1.2)

we were →(1.1&7)

I would look at(13),(6),(3)

the latest モーニング娘。→(14),(6),(3)

selling them over e-bay.→(6),(14),(5),(2),(11),

this is something→(14),(14)

when you are creative→(5),(1.3&7),(6),(11)

on and off→(5),(5),(11)

Teaching English in the company is great→(9),(6),(5),(14),(1.2),(6)

But→(1.2)

what’s even better→(11),(5),(3)

Let’s go to the park!→(2),(14),(1.3&7)

Where are they going→(1.1&7),(1.3&7),(14),(2)

to get into these→(3&15),(14)

working at these places→(1.1&7),(3&15),(6)

The problem(14),(8),(6),(5)

Can you find a job in Japan?→(1.4),(5),(11)

That is up to you→(14),(3&15),(1.2)

might not understand you→(3&15),(3&15),(1.2),(5),(1.1&7),(1.4)

at all(3&15),(2),(6)

you want bad enough(5),(3&15),(1.4),(1.2),(11)

Talk to you→(2)








Why Fukuoka? 何故福岡?




Hey, guys. How’s it going? My name is Micaela and I’ve been living in Japan since 2005.
It’s a long time.
But I don’t live in Tokyo or Osaka or Kyoto.
I’ve spent the last 7 years living in the southern island of Kyushu.
I’ve lived in Miyazaki prefecture, Kumamoto prefecture and I’ve spent the last 4 years living in Fukuoka.
And some of you might know this already, but there’s a surprising amount of people who don’t and when they find out, they're always shocked “why don’t you go to Tokyo?”
But you know I’ve always just felt more comfortable here.
My parents came to visit and they stayed here for 10 days and during that time I showed them every aspect of Fukuoka and Japanese culture that I could.
It was like through watching them discover Japan.
I was able to rediscover why I felt so strongly about Fukuoka.
It sounds lame, but it’s actually true.
They were able to experience both the traditional side of Japan and Japanese culture and the modern twist that Fukuoka brings with its relaxing beaches and cheery? people.
If you’re planning on coming to Japan, Tokyo, Osaka, Kyoto, they’re great places.
But those are the tourist destinations.
If you want to experience real Japan, you got to go somewhere new, you got to go somewhere exciting.
And I challenge you.
Next time you’re traveling through Japan, try to go off the beaten path because other cities in Japan may not be tourist attractions, but they're still worth checking out.
There is more to Japan than just Tokyo and as for now I have no plans to move to Tokyo.
I would rather stay in Fukuoka and I plan to stay here for a long time.
So, hopefully that answers some questions and gives you a little broader look to Japan.
Until next time!
Micaelaでした。






では!

See you again...

コメントの投稿

初めまして

初めまして。リンガルボックスというオンライン英会話スクールを運営している手島と申します。
http://ja.lingualbox.com

リンガルボックスは発音、リズムを重視しているスクールです。他の学校だと母音、子音の基本的発音を習って終わりのところがほとんどなのですが、それ以上のところをマスター出来ます。(ブログでも書かれているリエゾンや音の消失・イントネーション・リズムなどです。)

コースも旅行英会話、一般英会話と色々と用意しており、それぞれオリジナル教材を用意しています。

僕自身がオンライン英会話を1年半ほど使って英会話が出来るようになったのですが、教材がしっかりしてなかったり、フリートークばかりになったりと不満も多く、もっといい学校があればと思ってリンガルボックスを立ち上げました。

現在キャンペーンも行っているので、是非一度ご覧になってください。
http://ja.lingualbox.com
非公開コメント

Subscribe
Introducing

Snowman

Author:Snowman
Follow me on Twitter♪
Have a nice new year!

Recent Entries
All Posts

◇こちらから過去の記事が読めます

Recent Comments
Search...
Blogroll
ミカエラさんのYouTube&ブログのリンク先
ミカエラさんのブログ
ミカエラ « mikaeraです

ミカエラさんのチャンネル
Mikaeraです - YouTube

ミカエラさんのセカンドチャンネル
Micaela Braithwaite

ODA, Micchiy, and Micaela present:Afternoonの昼下がり
Afternoonの昼下がり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。